ユーグレナの入った青汁

ユーグレナの入った青汁

ユーグレナという言葉をご存知でしょうか?ユーグレナとは単細胞生物の一種で、体長は0.1㎜以下という小さな生物です。
このユーグレナは別名ミドリムシとも呼ばれています。
青汁の中にはユーグレナが入ったものもあります。
今回はユーグレナの入った青汁について紹介してゆきます。

ユーグレナとは?

ユーグレナは植物のように光合成をおこなうことが出来るのですが、動物のように動き回ることもできます。
そのためユーグレナは植物でも動物でもない生物とされています。
そしてこのユーグレナは植物性と動物性の栄養素を含む食品として注目されています。

注目されるユーグレナの栄養素

ユーグレナの栄養成分は59種類にも上ります。
その中には必須アミノ酸9種類や魚類に含まれるDHAやEPAも含まれます。

注目されるユーグレナの栄養素1必須アミノ酸 必須アミノ酸は体内で合成出来ないために外部から摂取する必要がありますが、ユーグレナにはこの必須アミノ酸が9種類全て含まれています。

注目されるユーグレナの栄養素②DHA

DHAとは不飽和脂肪酸という成分の一種で、身体に必要な成分のひとつですが、体内で合成が出来ません。
そのため食事で摂取する必要がある成分になります。
体内で悪玉コレステロールの血管への付着を防ぐ働きがあります。
また、学習や記憶を司る脳の海馬という組織に多く存在するため、学習能力や記憶力の向上にも期待が出来る成分です。

注目されるユーグレナの栄養素③EPA

EPAも同じく不飽和脂肪酸の一種で、体内で血液をサラサラにする効果があります。
これらDHA,EPAなどの魚類に多く含まれる動物性の栄養成分は植物性の食品である青汁には含まれません。
そのため青汁とユーグレナの相性はとても良いといえます。

吸収率の高いユーグレナの栄養素

ユーグレナには植物にある細胞壁がありません。
そのためユーグレナに含まれる栄養成分の吸収率はとても高く、効率的に栄養成分を吸収することが出来るのです。
この多くの栄養成分を含むユーグレナが入った青汁は、お互いの栄養素を補う関係になるのでとてもおすすめです。

お互いをサポートする青汁とユーグレナの栄養素

栄養が吸収しやすいユーグレナを青汁の成分がサポートします。
青汁に多く含まれる不溶性食物繊維は腸のぜん動運動を活発化させるので、腸の栄養の吸収率や不要なもの排出率を高めてくれます。
そのため青汁、ユーグレナ両方の栄養成分がより効果的に吸収されることになり、青汁、ユーグレナ両方が持つ葉緑素の有害物質のデトックス効果も高まるのです。
さらに青汁の水溶性食物繊維は腸内で善玉菌のエサになるので腸内環境を整え、不溶性食物繊維と共に腸の機能を高めることになります。
このためユーグレナが入った青汁はおすすめの青汁のひとつといえるのです。
健康に気を使い、一度に多くの栄養素を効率的に摂取したい方は、このユーグレナが入った青汁を試してみてはいかがでしょうか?

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品