青汁に含まれるビタミンKとワーファリン(ワルファリン)

青汁に含まれるビタミンKとワーファリン(ワルファリン)

ワーファリン(ワルファリン)という薬を服用中の方は、健康食品とはいえ青汁を飲まないように注意する必要があります。理由はワーファリンと青汁に含まれるビタミンKに相互作用があるからです。青汁とワーファリンの関係について説明します。

抗凝血薬のワーファリン

ワーファリンは血栓を予防し、血液が固まらないようにする薬です。心筋梗塞、脳血栓症、静脈塞栓症、肺塞栓症、心臓人工弁置き換え手術後などに処方されます。

血液中には出血した時、止血のために血液を固まらせるように働く成分が含まれています。これらのいくつかの成分の生成にはビタミンKが関わっています。ワーファリンはビタミンKの働きを抑制し、血液を固まらせないように働く抗凝血薬です。

そのため怪我などで出血した場合、血が止まらなくなる危険性があります。ワーファリンを処方されている人は、怪我などで出血しないよう細心の注意が必要です。怪我は大きな怪我だけではなく、歯磨きによる歯茎からの出血や鼻血、ひげ剃り時の出血も気をつけましょう。

このほかにもワーファリンの副作用として肝機能の低下、発疹や蕁麻疹などの皮膚のトラブルがあります。

青汁に含まれるビタミンKの働き

ビタミンKはビタミンK1とビタミンK2という種類があります。
ビタミンK1は青汁の原料の代表であるケールなどの緑黄色野菜や海藻類に、ビタミンK2は納豆やチーズなどに多く含まれています。

ビタミンKはどちらの種類も血液を固める働きがあり、出血時に止血するように作用します。ビタミンKは骨の代謝にも関わり骨の形成を促進するため、骨粗鬆症の治療に使用されています。

ワーファリンを服用中の方が青汁を飲むと、青汁に含まれるビタミンKがワーファリンの血液を固まりにくくする作用を妨害してしまうため、せっかくのワーファリンの効き目が薄れてしまいます。このことからワーファリンを服用中の方は青汁を飲まないように注意する必要があります。

ビタミンKを多く含む食品

ビタミンKは青汁や納豆以外にもクロレラ、ワカメ、煎茶の茶葉、味付け海苔、ひじき、バジル、かぶの葉、しそなどに多く含まれています。ワーファリンを服用中の方はこれらの食品の摂取には十分気をつけましょう。

アルコールとワーファリンの関係

ワーファリンの副作用として出血が止まらなくなるほかに肝機能障害が報告されています。肝機能障害になると倦怠感の増大、食欲減退、呼吸困難、黄疸などの症状が現れる場合があります。これらの症状がなくても、血液検査でAST値やALT値(※)の上昇が認められると、肝機能障害が疑われます。
ワーファリンによって肝臓が弱っているときに過度の飲酒をすると、肝機能がさらに低下してしまいます。また、肝臓はワーファリンの分解よりもアルコールの分解を優先して行うため、飲酒後はワーファリンの分解が進まなくなり、ワーファリンの効き目が強まってしまうことがあります。ワーファリン服用時には過度な飲酒を避けるようにしましょう。

※AST値・ALT値とは
・AST値
ASTとはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略でGOTとも呼ばれます。ASTの血液中の濃度をAST値といいます。
・ALT値
ALTとはアラニンアミノトランスフェラーゼの略でGPTとも呼ばれます。ALTの血液中の濃度をALT値といいます。
AST 、ALTとも、肝細胞に多く含まれ、肝細胞の障害が進むにつれ血液中の濃度が高まります。そのため、AST値、ALT値は肝臓の異常を調べる検査で指標として用いられているのです。

抗血小板薬はビタミンKの影響を受けない

アスピリンなどの抗血小板薬はワーファリン同様、血液を固まりにくくする薬です。抗血小板薬も心筋梗塞や脳梗塞の治療に処方されますが、ワーファリンとは血液の凝固を防ぐプロセスが異なります。ワーファリンはビタミンKに作用して凝血を妨げますが、抗血小板薬は血小板の働きを抑えることで血液を固まりづらくするのです。そのため、抗血小板薬はビタミンKの影響を受けません。したがって抗血小板薬を服用していても青汁を飲むことができます。ビタミンKと相互作用があるのは抗凝血薬のワーファリンです。ワーファリン服用中は青汁を控えることを忘れないようにしておきましょう。とはいえ、抗血小板薬を服用している人は、青汁を飲んでも問題ないかかかりつけの医師に相談しましょう。

まとめ

・青汁はビタミンKを含む
・ワーファリンは血栓を予防し血液が固まらないようにする薬で、心筋梗塞、脳血栓症などの治療に処方される
・ビタミンKは血液を固める働きがあり、出血時に止血するように作用する
・ワーファリン服用中にビタミンKを含む青汁を飲むとワーファリンの効き目を弱める
・ビタミンKは青汁のほか納豆、クロレラ、ワカメ、煎茶の茶葉、味付け海苔、ひじき、バジルなどに多く含まれる
・アルコールもワーファリンの効き目に影響を与える
・ワーファリン服用中は青汁をはじめビタミンKを多く含む食品の摂取を控える

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品