筋肉をつけたい人には、青汁がオススメ

筋肉をつけたい人には、青汁がオススメ

青汁は野菜不足を補う役目がありますが、筋肉をつけたい人にも向いています。青汁と筋肉を関連づけることは少し意外に聞こえるかもしれませんね。でも実は青汁は筋肉を作るたんぱく質の働きを助け、筋力アップに貢献するのです。

筋肉と青汁の関係

筋トレに励んでいる人の中にはプロテインを飲んでいる人が多いです。理由は筋肉をつけるためには食事から摂るたんぱく質だけでは不十分で、補助的にプロテインを摂取する必要があるからです。

食事だけから必要なたんぱく質を補うとなると、どうしても脂質やカロリーがオーバーしてしまうので、それを解決する意味でも脂質やカロリーが低いプロテインが役立つわけです。

たんぱく質は筋トレなどの運動により壊れた筋肉を修復するための必須栄養素です。しかし筋肉をつけたい人はプロテインだけでは不十分です。

効率良く筋肉をつけるためには、プロテインのほかにビタミンやミネラルが必要です。たんぱく質をどんなに摂っても、ビタミンやミネラルがなければ筋肉をつけることは難しいです。

ビタミンやミネラルが豊富なものといえば青汁。青汁はたんぱく質を分解し、筋肉を作るための必要不可欠な成分を含みます。

筋肉をつけるために必要な青汁に含まれる栄養素とは?

青汁に含まれるビタミン、ミネラル類は筋肉をつけるために具体的にどのような働きをするのでしょうか。

ビタミンB6

筋肉を作るたんぱく質はアミノ酸で構成されています。食べ物から摂取したたんぱく質はアミノ酸に分解され吸収されます。たんぱく質をアミノ酸へ分解するためにはビタミンB6が必要です。ビタミンB6が不足すると、どんなにプロテインを摂ってもアミノ酸に分解されず、筋肉をつけることは難しいと考えられています。

ビタミンB1

糖をエネルギーに変えるのはビタミンB1です。このためビタミンB1が不足すると、エネルギーを作り出すために筋肉そのものが分解され失われてしまいます。ビタミンB1は筋トレ後の疲労を回復する働きもあります。

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質の燃焼に関わります。ビタミンB2が不足すると脂肪が燃焼されずに太る原因になりエネルギーも不足します。筋トレでエネルギーを大量に消耗する場合、ビタミンB2が足りないとエネルギー不足が起こります。

ビタミンC

ビタミンCは、筋トレなど激しい運動をした場合に増える大量の活性酸素を除去し、血行を促進し免疫力を高めます。活性酸素は増えすぎると有害物質で、細胞や血管を老化させます。

ビタミンCは体内でコラーゲンが作られる材料でもあります。コラーゲンはたんぱく質の一種で、筋肉の筋膜という表面の膜を作る大切な成分です。

カルシウム

カルシウムは人の体内に存在し、そのほとんどは骨や歯に含まれていますが筋肉や血液中にも含まれています。カルシウムは筋肉の収縮に関わり、筋肉が正常な機能を保つ役割を果たします。

マグネシウム

マグネシウムは骨を中心に脳、神経、そして筋肉に含まれています。マグネシウムも筋肉の収縮に関わり、筋肉を正常に維持するために働きます。不足すると筋肉が痙攣することがあります。

カリウム

カリウムはナトリウムを排出し血圧を下げますが、筋肉の動きを活発にする働きもあります。カリウムが不足すると筋肉の動きが緩慢になり、脱力感に襲われることがあります。

筋力をつけるのに必要な栄養素を豊富に含む青汁がおすすめ

このように筋肉をつけるためにはたんぱく質だけでは不十分で、ビタミンやミネラルをたっぷりと摂る必要性があります。これらを食事だけから賄うとなると、相当量の野菜を毎日摂らなければならず、かなり大変です。

その点、青汁はこれらの多くの種類のビタミン、ミネラルを含み、飲むだけで栄養の補給が可能です。青汁はまずいといわれますが、最近はさまざまな種類の青汁が製造販売され、おいしいタイプの青汁も入手できます。

筋肉をつけるためには栄養バランスの取れた食事をすることがまず第一です。そして不足分を補うためにプロテインと青汁を摂取すると、筋肉アップにつなげることができるでしょう。

まとめ

筋肉をつけるためにはたんぱく質だけでなくビタミンやミネラルが必要です。たんぱく質を分解、吸収するためにはビタミンB6が必要です。またビタミンCやミネラルも筋肉の働きをサポートします。

青汁は筋肉をつけるために必要とされる豊富なビタミン、ミネラルを含みます。 食事からの不足分を補うため、プロテインと共に青汁を摂取しましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品