青汁を使ったカクテルレシピ

青汁を使ったカクテルレシピ

青汁はそのまま飲むより、ジュースや牛乳に混ぜて飲むとおいしいとよくいわれます。では青汁とお酒との相性はどうでしょうか。それは組み合わせる材料次第です。ついグラスを重ねたくなるような青汁カクテルも作れますよ。

カクテルとは?

カクテルはお酒とお酒、リキュール、ジュース、クリームなどを混ぜ合わせて作るアルコール飲料です。甘味をつけるものが多く、どちらかといえば女性に好まれるお酒です。ビールのようにどんどん消費するのではなく、ゆっくりと時間をかけてお酒を楽しみたい人向きです。

カクテルのベースになるお酒はウォッカ、ジン、ブランデー、ウイスキー、テキーラなどのハードリカー類からワインやカンパリ、ビールなども使用されます。

カクテルによく使われる割りものはソーダ、ジュース(オレンジやグレープフルーツなど)、コーラ、トニックウォーター、ジンジャエールなどがあります。

お酒を飲まない人用にノンアルコールのカクテルも人気があります。

これらの材料と青汁を組み合わせると青汁入りカクテルが作れます。

青汁を使ったカクテルレシピ

青汁カルーアミルク

【材料】 青汁、牛乳、カルーア、アマレット

青汁の牛乳割りにカルーアとアマレットを加えたカクテルです。

アマレットはアーモンドに似た風味のアンズの種を使ったリキュールです。なければココナッツ系のリキュールを使ってもおいしいです。カルーアの分量より少なめに入れます。なければカルーアだけでも大丈夫です。

特に青汁の牛乳割りが好きな方にこのカクテルをおすすめします。青汁は癖の少ない大麦若葉を原料にしたものを使うと一層おいしく仕上がります。どなたでもおいしく飲める甘めの青汁カクテルの代表です。

青汁パナシェ風

【材料】 青汁、ウィスキー、ビール、レモネード(炭酸入り)

青汁をウィスキー、ビール、レモネードで割ります。レモネードは甘い炭酸入りを使います。なければジンジャエールでもいいですが、いずれにせよ甘みのある炭酸系で割ると飲みやすいです。

青汁ハイ

【材料】 青汁、焼酎、レモン

青汁とお酒の組み合せで最もポピュラーなのが焼酎で割る飲み方です。どんな焼酎でもいいですが特に麦焼酎がおすすめです。レモンを添えると見た目もおしゃれです。悪酔いしないともいわれている組み合せです。

青汁ホッパー

【材料】 青汁、カカオリキュール、生クリーム(牛乳やエバミルクでも)

すべて合わせてシェイクします。カカオリキュールがなければウォッカやジンでもかまいません。ミルク系のカクテルなので青汁と馴染みやすいです。

たまには青汁カクテルでリラックスしよう

健康食品の青汁をわざわざアルコールと一緒にして飲むことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし毎日ではなく、たまにリラックスしたい時に青汁のカクテルを飲んでみるのも、ストレスを解消するためには良い方法です。

どうしても青汁をそのまま飲めない人でも、カクテルにすると飲めることが多いのも事実です。

ケールより大麦若葉を原料に使ってる青汁のほうが癖が少なく飲みやすいカクテルを作ることができます。フルーツ青汁もカクテルに向いています。お酒が苦手な方は、お酒ぬきでカクテルを作ってみてくださいね。

口当たりが良いカクテルですが、ハードリカーやリキュールを使用するとアルコール度数が高く、飲み過ぎには注意しましょう。

いくつか青汁カクテルのレシピをご紹介しましたが、自分のお好みのお酒を使ってオリジナルのカクテルを作ってみてくださいね。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品