自分にあった青汁の選び方とは

自分にあった青汁の選び方とは

市販される青汁の種類や数は年々増え続けています。初めて青汁を飲む場合、どの青汁を選べばいいのか迷ってしまいますよね。青汁を飲む理由は人それぞれです。自分にあった青汁はどのようにして選ぶとよいのでしょうか。

青汁を選ぶポイント

どんな青汁が自分にあっているのか、いくつかのポイントを抑えておくと選びやすいものです。同じ青汁でも商品により味や特徴、価格に違いがあります。青汁選びに失敗しないように、選ぶ際に考慮したい点やおすすめの青汁についてご紹介します。

青汁は毎日継続して飲むことがとても大切です。

どんなに体に良いといわれる青汁であっても、味が苦手であれば継続して飲むことは難しく、いつの間にか飲まなくなってしまうものです。

青汁は緑黄色野菜が原料に使用されています。野菜が嫌いな人は癖の少ない、少しでも飲みやすい風味の野菜が使用されている青汁を選ぶとよいでしょう。

味に癖がなく飲みやすいのは、大麦若葉が原料の青汁です。ケールや明日葉は独特の風味があり、野菜嫌いの人にとっては継続摂取が難しいといわれます。

目的

青汁をただ漠然と体にいいから飲みたいという人もいれば、それぞれ目的があり飲んでみたいと思っている人もいます。目的別に選ぶ場合は、どのような青汁がおすすめでしょうか。

美容

美容上の目的で青汁を飲みたい場合、青汁に付加価値としてヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタが配合されているものを選ぶとよいでしょう。

青汁にはビタミンCやビタミンEなど、美容効果のある成分が含まれています。これに加え、美容効果の高いヒアルロン酸などの成分が同時配合されていると、より一層強い効果が期待できます。

便秘改善

便秘の改善を目的に青汁を飲みたい場合、難消化性デキストリンが配合されている青汁がおすすめです。

難消化性デキストリンはとうもろこしのデンプンから作られた水溶性の食物繊維で、トクホの認可を受けており、安全性が確認されている食品添加物です。

青汁には水溶性と不溶性の食物繊維が含まれています。便秘の改善には、このふたつの食物繊維のバランスが取れていることが大切です。青汁に難消化性デキストリンを添加することにより食物繊維のバランスを整え、より効果的な便秘の改善が期待できます。

ダイエット

最近、青汁をダイエットに利用する人が増加しています。ダイエット目的に青汁を飲みたい場合、酵素が配合された青汁を選んでみてはいかがでしょうか。酵素入りの青汁は、体内で作られる代謝酵素の量を増やす働きが期待できます。代謝酵素が増えると痩せやすくなるといわれています。酵素が配合された青汁は、フルーツエキスなども一緒に配合されていることが多く、甘味がありおいしくて飲みやすいです。

総合的な栄養補給

青汁は野菜不足を補うのに最適な飲み物ですが、肉や魚に含まれるアミノ酸やDHA、EPAも同時に補給したい場合は、ユーグレナ入りの青汁を選ぶとよいでしょう。

ユーグレナはミドリムシのことで、植物と動物の両方の性質を持つ珍しい生物です。ユーグレナは青汁にも含まれるビタミンやミネラル、クロロフィルなどを含みます。同時に青汁には含まれない必須アミノ酸9種類を含む18種類のアミノ酸、DHA、EPA、特有成分のパラミロンなど、動物性の成分を含みます。

野菜だけではなく、動物性の栄養素も同時に補給したい人にはユーグレナ入りの青汁を選びましょう。

どこで飲むか

青汁を家で飲む場合は、液体タイプや粉末タイプが適しています。液体タイプは冷凍してあるものを解凍して飲みます。粉末タイプは水や牛乳に溶かして飲みます。どちらもコップを使用し、飲んだ後は後片付けが必要なので、自宅で飲むのに向いています。

粉末タイプは外出先でも飲めないわけではありませんが、毎回コップや牛乳などを調達し、後片付けを行うとなるとどうしても面倒で、途中で止めてしまう可能性が高いです。

職場や外出先で青汁を飲みたい人はサプリメントタイプを選ぶと便利です。サプリメントタイプは青汁独特の風味もなく、水さえあればどこででも簡単に飲めます。後片付けの手間もかからず持ち運びにも便利です。

価格

価格は大切な青汁選びのポイントです。

現在出回っている青汁粉末の平均価格は1日1杯を1ヶ月飲んで約3,000円程度です。1杯あたり100~130円程です。これよりも安い青汁も高い青汁もあります。

青汁は継続して飲むことが望まれます。どんなに品質が良くても、継続して購入できないような価格の青汁は選ばず、無理のない価格のものを選びましょう。低価格だからといって、必ず品質が劣るというわけではありません。
良心的な価格で良い青汁もあるので、評判や口コミなどを参考にして継続できる価格のものを選びましょう。

添加物の有無

青汁は飲みやすくするために人工甘味料、長持ちさせるために保存料、見た目をきれいにするために着色料などの添加物が入っている商品もあります。気になる方は、添加物の有無を確かめましょう。

お試しセットを利用

多くのメーカーではお試しセットの青汁を手軽な価格で販売しています。自分の目的にあった青汁を選び、まずはお試しセットを購入してみるのも一案です。
継続して飲むことを考え、自分にあった青汁を選びましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品