苦い青汁の飲みやすい飲み方

苦い青汁の飲みやすい飲み方

現代人の食生活は野菜不足であるといわれています。
特に外食が多いとどうしても野菜が不足しがちな食生活になってしまいます。
そんな偏った食生活の改善や健康維持に大きな効果を発揮する飲み物が青汁です。
青汁は手軽に飲めて植物性の栄養素が補給出来るので、現代人に合った健康飲料といえるでしょう。
青汁には独特のクセやにおいがあります。
特にケールの青汁は苦さやクセが強いといわれています。
もちろん青汁独特の味やにおいが好きな方もいるのですが、青汁の味やにおいが苦手な方もちょっとした工夫をすることで青汁を飲みやすくすることが出来ます。
今回は苦い青汁を飲みやすくするおすすめの飲み方を紹介します。

牛乳や豆乳で青汁を割って飲む

青汁を牛乳や豆乳で割って飲む飲み方があります。
牛乳や豆乳は味に丸みがあり、青汁の苦みやにおいを抑えてくれます。
また、冷たいままでも温めてもおいしく飲むことが出来るので、暑い季節には冷たくして、寒い季節には温めて飲むことが出来ます。
栄養面でも牛乳や豆乳はたんぱく質を多く含んでおり、青汁の栄養素と補い合うので優れた飲み方といえます。
また豆乳には大豆イソフラボンというポリフェノールの一種が含まれており、美肌効果も期待出来ます。

フルーツジュースで青汁を割って飲む

フルーツジュースで割る飲み方もおすすめです。
フルーツの酸味と甘みが青汁の苦みやにおいを抑えてお子さんでも飲みやすい飲み物になります。
フルーツの組み合わせも、飲む人の求める効果で選ぶことが出来ます。

ブルーベリージュースで青汁を割る

視力の維持や改善を望む人にはアントシアニンという視覚機能を改善する効果のあるポリフェノールが含まれているブルーベリーのフルーツジュースで割る飲み方がおすすめです。

リンゴジュースで青汁を割る

疲労回復や血流改善には疲労を回復させる効果のあるクエン酸や脂質の酸化を防いで血流を良くする効果のあるリンゴポリフェノールが含まれるリンゴのフルーツジュースで割るとよいでしょう。

コーンポタージュで青汁を割る

塩などで味がついている飲み物で割ることもおすすめな飲み方になります。
コーンポタージュなど温かく味が濃いめの飲み物で割ると、青汁の苦さやにおいはかなり抑えられます。

味噌汁に青汁を入れて飲む

温かい飲み物で割る飲み方で特におすすめな飲み方は、味噌汁に青汁を入れて飲む飲み方です。
味噌汁も味が濃く、温かい飲み物なので青汁に苦さやにおいを抑えてくれます。
また味噌汁にはアミノ酸と呼ばれるエネルギーを生み出し、筋肉などに存在するたんぱく質を構成する大切な成分が含まれています。
味噌汁に含まれているアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれ、体内で合成出来ない成分になります。
青汁入りの味噌汁を飲むことで、この必須アミノ酸や青汁に含まれている食物繊維や、クロロフィルなどの整腸効果や抗酸化作用のある栄養素も同時に摂取することが出来るのです。

工夫次第で青汁はおいしく飲むことができます

このように青汁には栄養バランスもよく飲みやすくなる飲み方が色々とあります。
青汁の苦さが苦手な方も苦さを抑える飲み方で青汁を飲み、健康維持に役立ててゆきましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品