青汁はアンチエイジングの強い味方

青汁はアンチエイジングの強い味方

近年、アンチエイジング効果が期待できる健康食品や化粧品が注目を集めています。青汁もそのひとつで、毎日継続して飲むことによりアンチエイジングに効果を発揮するといわれています。青汁がアンチエイジングに働くのはどうしてでしょうか?

アンチエイジングとは

人は生まれてから少しずつ年を取り死に向かいます。年を取るとは体の老化が進行することで、これは生物である限り避けようのない事実です。アンチエイジングとは老化防止と訳されることが多いのですが、意味するところは老化のプロセスを遅らせることです。急激に老化が進むことにブレーキをかけ、老化のスピードを緩めることにより実際の年齢より若々しくみえる肌や肉体を手に入れ、長く健康を維持すること。それがアンチエイジングです。

青汁がアンチエイジングの味方である理由

アンチエイジングの基本的な対策は医療、食事、運動、睡眠、美容など多方面から行われます。青汁は食物による体の中からのアンチエイジング対策に貢献します。青汁の具体的なアンチエイジング効果は以下のとおりです。

青汁は野菜不足からくるビタミン、ミネラルを補う

老化のスピードを遅らせ健康な体を維持するためには、栄養バランスの取れた食事をすることが大切です。近年、日本人の食事の野菜不足が指摘されています。それに加え高脂肪、高カロリーの食事や、インスタント食品の摂り過ぎは老化のスピードを早めます。そんな食生活に青汁を加えることにより、野菜不足からくるビタミン、ミネラル類の不足を補い、栄養のバランスを良くすることができます。

青汁は抗酸化作用のある成分を含む

人の体を老化させる物質として活性酸素があります。元々活性酸素はウイルスや細菌と戦い、人を病気から守るように働きます。しかし増えすぎると有害で、人の体の細胞を酸化させ傷つけ老化させます。

呼吸から取り入れた酸素のうちの1~2パーセントが体内で活性酸素に変換されます。激しい運動、喫煙、紫外線、ストレス、加齢、大気汚染、食品添加物や加工食品なども活性酸素を増やします。

増えすぎた活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のある成分を含む食品を食べる必要があります。青汁には抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ルテイン、亜鉛、セレンが含まれています。

青汁の抗酸化作用のあるビタミン類の働き

ビタミンAは青汁の中にβカロテンとして多く含まれ、活性酸素の除去に働きます。

ビタミンCとビタミンEは共同で抗酸化作用を発揮します。ビタミンCは体液で、ビタミンEは細胞膜でそれぞれ活性酸素の除去に働きます。

ケールに多く含まれるルテインの働き

ルテインはカロテノイドの一種で、青汁の原料のケールに多く含まれています。ルテインは人の体内、特に目の黄斑部と水晶体に集中して存在し、強い抗酸化作用で目を活性酸素の害から守ります。

青汁はSOD酵素の生成に必要なミネラルを含む

人の体内には活性酸素を除去するSOD酵素が存在します。この酵素を生成するためにはミネラルの亜鉛やセレンが必要です。加齢に伴い体内のSOD酵素は減少するため、亜鉛やセレンが含まれる青汁を摂取し、SOD酵素の生成を促す必要があります。

青汁はストレスを軽減する成分を含む

ストレスは活性酸素を増やす原因のひとつです。青汁はストレスやイライラを軽減するビタミンC、カルシウム、マグネシウムを含みます。

青汁は腸内環境を整える

アンチエイジングには腸内環境を整える必要があります。腸内環境が悪化すると老化も早まるといわれています。加齢と共に腸内の善玉菌の数は減る傾向にあり、腸内環境が悪化しやすいです。青汁には腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。

まとめ

・アンチエイジングとは老化のスピードを遅らせ、実年齢よりも若い健康的な体作りを行うこと

・アンチエイジングには栄養バランスの取れた食事をすること、活性酸素を除去することが必要で、抗酸化作用のある食品を摂取すると効果的

・栄養価の高い青汁は野菜不足を補い、栄養のバランスを良くする

・青汁には抗酸化作用のあるビタミン類、ミネラル類が豊富に含まれる

・ストレスを軽減し、腸内環境を整えることもアンチエイジングには大切

・青汁はストレス軽減に働くビタミンやミネラル、便秘を改善し腸内環境を整える食物繊維を豊富に含む

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品