口臭予防に青汁を飲む

口臭予防に青汁を飲む

青汁には体質改善や美容効果など、様々な効果がありますが、口臭予防にも青汁は効果的です。
普段から口臭が気になる方、口臭を予防したい方は青汁を飲むことをおすすめします。
今回は青汁の口臭予防効果について調べてみました。

安全な青汁の口臭予防効果

口臭に悩んでいる方は意外と多いといわれています。
そのため口臭予防に効果があるといわれる歯磨き粉やマウスウォッシュ、サプリメントなどが多く売れています。
もちろんそれらの商品でも口臭予防はできると思いますが、化学物質を長期間口内や体内に留まらせることにもなるため、化学物質に敏感な方には注意が必要になるでしょう。
青汁の口臭予防効果は青汁に含まれる天然の成分により発揮されるので安全です。
身体に優しいため長期間摂取し続けても問題ありません。

青汁の口臭予防に効果のある成分とは

青汁の成分の中で口臭予防効果があるものは「クロロフィル」と呼ばれる成分になります。
このクロロフィルと呼ばれる成分は植物に含まれる緑色をした色素で、別名「葉緑素」とも呼ばれています。
このクロロフィルは植物が光合成をしてエネルギーを作り出す際に必要な成分です。
人体においては口臭予防に効果があるため、口臭予防効果を謳ったガムにも配合されている成分です。

口臭がなぜ発生してしまうのかというと、食事の後に口内に残った食べカスや代謝で剥がれ落ちた古い細胞を細菌が分解する際に揮発性のガスが発生するのですが、そのガスが口臭の元となっているのです。
クロロフィルにはこのガスの発生を抑える働きがあるため、クロロフィルが含まれている青汁を飲むことで口臭予防効果が期待できるのです。
また、青汁の中には抹茶配合の青汁もあります。
抹茶配合の青汁は飲みやすく好評なのですが、口臭予防にも大きな効果を発揮します。
抹茶に含まれているカテキンには殺菌作用があるので口内の細菌を殺菌し、口臭の元となるガスの発生が防がれるからです。

口臭予防のための青汁の飲み方

口内に食べカスや歯垢、虫歯があると細菌がすぐに繁殖をしてしまい、再び口臭が発生してしまいますので、普段から歯磨きをして口臭の元を残さないことが大切です。
その上で青汁を飲み続ければ大きな口臭予防効果が得られるでしょう。

朝と食後に青汁を飲むことがポイント!

唾液は菌を洗い流す効果があり口臭を予防してくれるのですが、睡眠時は唾液の量が少なくなります。
そのため朝の起床時は口臭が強くなってしまいます。
起床後水分を補給し、朝の歯磨きを終えたら青汁を飲むことで口臭を予防することができます。
口臭が気になる方は朝と食後に青汁を飲むことをおすすめします。
青汁は食物繊維などの力で腸内環境を整えるので、有害で悪臭のするガスの発生も防いでくれます。
このように青汁には口臭や体臭を防ぐ力があるのです。
青汁を飲み、気になる口臭を予防しましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品