青汁にはどんな分類があるの?

青汁にはどんな分類があるの?

健康作りに高い効果を発揮する青汁。
現在では百種類を超える青汁が販売されていますが、青汁には様々な原料の違いや色々な種類があります。
青汁にはどのような分類があるのでしょうか?今回は青汁の分類についてお伝えします。
色々な青汁の分類を知り、その中から自分に最適な青汁を選べるようになりましょう。

原料による分類

青汁は原料の違いによる分類があります。
それぞれの原料の違いによる青汁を見てゆきましょう。

ケールの青汁

ケールは代表的な青汁の原料です。
ケールから作られた青汁は植物性の栄養素をバランス良く吸収できますが苦みが強いことが特徴です。
人により苦手な場合もありますが、ケールは昔から青汁の原料となっています。

大麦若葉の青汁

大麦のまだ穂がでていない状態の若葉から作られた青汁です。
苦みが少なく飲みやすいことが特徴です。
大麦若葉はケールの青汁同様、多くの青汁の原料として使用されています。

明日葉の青汁

せり科の植物である明日葉を原料とした青汁です。
せり科の植物特有の風味があります。
また、カルコンという明日葉特有の成分が含まれており、この成分にはガンの抑制効果や抗菌効果が認められています。

その他の原料の青汁

その他にも桑の葉やクマザサ、ゴーヤを原料とした青汁もあり、青汁は原料の違いによる分類ができます。

食品の種類としての分類

青汁は健康食品に位置付けられる飲み物ですが、健康食品の中でも二種類に分類することができます。
青汁の食品としての分類は「特定保健用食品」と「栄養機能食品」の二種類になります。

特定保健用食品の青汁

特定保健用食品は通称「トクホ」と呼ばれ、国の審査を受け、国が定めた基準を満たした食品に与えられる規格を持った食品です。
青汁の中にもトクホの認証を受けたものがあります。
トクホの認定を受けた食品は許可された文章で効果を表示することや、トクホのロゴを表示することができます。

栄養機能食品の青汁

栄養機能食品とは厚生労働省が定めた特定の栄養素の基準を満たした食品のことで、国の許可がなくても基準を満たしていれば栄養機能食品と謳うことができます。
多くの青汁はこの栄養機能食品に分類されます。

製品タイプによる分類

青汁は製品のタイプ別で分類することもできます。
現在色々なタイプの青汁が販売されていますが、目的やライフスタイルに合わせて最適な青汁を飲むことができるのです。

液体タイプの青汁

紙パックやペットボトルに入った液体の青汁です。
液体なので購入してそのまま飲むことができます。

粉末タイプの青汁

スティックに小分けにされた粉末の青汁です。
水やフルーツジュースなどに溶かして飲みます。
軽量なので持ち運びに便利です。
料理に混ぜることもできるので色々なバリエーションの飲み方、食べ方が楽しめます。

錠剤タイプの青汁

サプリメントのように錠剤になっている青汁です。
飲み物があればすぐに飲むことができます。
また、味も他の青汁程感じないので、青汁の味が苦手な人でも飲むことができます。

冷凍タイプの青汁

搾りたての青汁を冷凍したもので、解凍する手間はありますが新鮮な青汁を飲むことができます。

自分に合った最適な青汁を選びましょう

青汁には様々な分類があります。
その分他の健康食品よりも自分に合うものを見つけやすいといえます。
様々な分類の青汁から、ご自身に合う最適な青汁を選びましょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品