青汁とブルーベリーの相性

青汁とブルーベリーの相性

青汁とブルーベリーはどちらも栄養価が高く、美容と健康増進におすすめの食品です。このふたつは相性も良く、一緒に摂ると相乗効果が見込めます。青汁とブルーベリー、それぞれ特徴と期待できる効果について説明します。

青汁とブルーベリーの相性

青汁とブルーベリーの相性は抜群です。ふたつ一緒に摂取すると相乗効果により、それぞれ単独で摂取するよりも高い美容と健康上の効果が期待できます。ブルーベリーの甘酸っぱさが青汁独特の風味を緩和するため、味の面でもメリットがあります。

おすすめは青汁とブルーベリーのスムージーやホットケーキ

青汁とブルーベリーを一緒に摂取するにはスムージーがおすすめです。ブルーベリーとバナナ、パイナップル、マンゴーなどお好みの果物を凍らせ、牛乳か豆乳と青汁粉末をすべてミキサーに入れ回します。お好みでハチミツやレモンの絞り汁を加えてみてください。美味しいスムージーが作れます。

スムージーのほかには、ホットケーキミックスに青汁とブルーベリーを入れて焼くと子供も喜んで食べてくれます。ホットケーキに入れるブルーベリーは生でも冷凍ものでもどちらでも使用できます。

青汁の原料の野菜の成分と効果

青汁は発売当初、ケールが原料に使用されていました。しかしその後、明日葉や大麦若葉なども使用されるようになり、今ではお好みの原料を使った青汁を選ぶことができます。どの野菜も緑黄色野菜で栄養価が高く、よく似た効果があります。

ケールの主な成分と効果

青汁はフルーツと相性がよく、多くのフルーツエキスを添加した青汁も販売されています。中でもブルーベリーは癖の強いケールとの相性がよく、ケールを生で食べる習慣のある海外でも、ケールのサラダやドリンクにブルーベリーが一緒に使われることが多いです。

ケールは緑黄色野菜の中でも特にビタミンやミネラルが豊富です。中でもビタミンC、ビタミンE、βカロテン、ルテイン、グルコシノレートなどの抗酸化作用のある成分を含んでいます。

抗酸化作用とは体内で増え過ぎた活性酸素を抑制する働きのことです。活性酸素は細菌や病原菌を除去し病気を防ぐ働きがありますが、増え過ぎると有害で、その強い酸化力により細胞、血管、内臓など、体のあらゆる部分を酸化させます。 血管が酸化すると動脈硬化の原因で、細胞が酸化すると老化が進行します。過剰な活性酸素はあらゆる病気の原因であると考えられています。

抗酸化作用のある成分を含むケールは動脈硬化の予防、糖尿病など生活習慣病の予防、アンチエイジング、美肌 効果などが期待できます。

ルテインは白内障、緑内障、加齢黄斑変性症の予防と改善など、目の健康を維持する成分として知られています。

明日葉の主な成分と効果

明日葉もケール程ではありませんが、独特の風味があります。ブルーベリーと一緒に摂取することにより、ブルーベリーの酸味と甘味が明日葉の風味を抑え、食べやすくなります。

明日葉はビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどの抗酸化作用のあるビタミン類とカリウム、ナトリウム、リン、鉄などのミネラルを含みます。ケール同様、動脈硬化や生活習慣病の予防、アンチエイジング効果が期待できます。ブルーベリーと一緒に摂取すると、目の健康を維持する効果がプラスされます。

大麦若葉の主な成分と効果

大麦若葉はケールや明日葉のような独特の風味が少なくて飲みやすく、美味しい青汁の代表的な原料として使用されます。 大麦若葉はブルーベリーだけではなく、ほぼどんな果物とも相性が良い野菜です。大麦若葉とブルーベリーを使ったジュースは口当たりがよく、子供やお年寄りにも好まれる味です。野菜嫌いの方にもおすすめです。

大麦若葉にはβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群などのビタミン類、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウムなどのミネラル類が豊富に含まれています。ケールや明日葉と同じく抗酸化作用があります。

青汁に含まれる食物繊維

青汁の原料の野菜には共通して食物繊維が含まれています。便秘を予防、改善し、腸内環境を整え、便秘からくる肌荒れやニキビ、吹き出物の改善に働きます。

ブルーベリーの効果

ブルーベリーはポリフェノールの一種、アントシアニンを豊富に含む食品です。アントシアニンは強い抗酸化作用があり、生活習慣病を改善するほか眼精疲労や疲れ目の改善など、目の健康を維持する働きがあります。

ブルーベリーにも食物繊維が豊富に含まれ、青汁と同様に便秘の予防、改善が期待できます。またビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用のあるビタミン類も含みます。

青汁とブルーベリーを一緒に食べよう

青汁とブルーベリーは単独でも体によいおすすめの食品ですが、一緒に食べるとさらに強い抗酸化作用が期待できメリットが高まります。青汁の味が嫌いだから飲めないという方は、是非一度ブルーベリーと一緒にスムージーにして摂取してみてください。青汁の風味が抑えられ、とても美味しく飲めます。

まとめ

青汁とブルーベリーは相性が抜群です。一緒に摂取することにより、栄養面と味の両方でメリットがあります。

青汁はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、ブルーベリーは抗酸化作用が強く目の健康をサポートするアントシアニンを含みます。

両方を一緒に摂取すると、それぞれ単独で摂取するより一層強い抗酸化作用が得られ、老化防止、生活習慣病の予防、便秘解消、美白、美肌効果などに高い期待が持てます。

青汁とブルーベリーをスムージーやホットケーキに入れ一緒に食べる方法がおすすめです。ブルーベリーが青汁の独特の風味を抑え、美味しく頂くことができます。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品