青汁の摂取方法はコレがおすすめ!

青汁の摂取方法はコレがおすすめ!

健康維持や体質改善、ダイエットなど様々な効果がある青汁ですが、摂取方法によって得られる効果が変わって来ます。
もちろんどの摂取方法でも一定の効果を得ることは出来ますが、飲む人の目的に合った摂取方法で飲むことでより目的に合った効果が期待出来るのです。
今回は青汁のおすすめの摂取方法についてお伝えしてゆきます。

青汁の基本的な摂取方法

まずは基本的な摂取方法ですが、青汁は薬ではありませんので厳密に定められた用法用量はありません。
メーカーの推奨する摂取方法が基本になります。
推奨する摂取方法を上回り過剰に摂取をすると、食物繊維の摂り過ぎによるカルシウムの吸収の阻害やお腹を緩くしてしまうなどの弊害が出る恐れがあります。
青汁の箱やボトルに記載されている一日の摂取量は守って摂取するようにしましょう。

青汁は飲み続けることが大切

青汁は飲み続けることでその効果を発揮、持続します。
薬のような即効性はありませんが、身体に無理なく体質改善や健康維持が出来るのです。
そのため青汁は一度に大量に摂取せずに、メーカーの推奨する量の範囲内で飲み続けるようにしましょう。
以上の基本の摂取方法を踏まえた上で目的別のおすすめの摂取方法をお伝えしてゆきます。

目的別の青汁の摂取方法①食事中に飲む

脂肪の吸収を抑えたり、食生活のバランスを正したい方には食事中に飲むことをおすすめします。
青汁の水溶性食物繊維が脂質の吸収を抑えますし、肉類が多い食事も青汁の植物性の栄養素を同時に摂取することでバランスが保てます。
青汁と同じ量の栄養素を野菜だけで摂ろうとすると相当な量になってしまいますが、青汁を摂取すればコップ一杯ほどの量で済むのです。

目的別の青汁の摂取方法②朝の起床時に飲む

素早く栄養を補給したい方には朝に青汁を飲むことをおすすめします。
朝の起床時は身体が発汗で失われた水分や、睡眠中に消費した分のエネルギーの補給を求めています。
そのためそのタイミングで青汁を摂取すると、速やかに青汁の栄養素や水分が身体に行き渡るのです。
朝起床してすぐに冷たい水で青汁を飲むことが苦手な場合は、ぬるめのお湯に溶かして飲んでも良いでしょう。

目的別の青汁の摂取方法③断食中に飲む

ヨガの断食を実践している方の水分補給源としても青汁はおすすめです。
断食には水以外に何も摂らない方法と、野菜ジュースなどを摂り、固形物は摂らない方法がありますが、後者の方法の断食に青汁の朝の時間の摂取が向いているのです。
断食の目的のひとつである消化活動を減らして胃を休ませる効果を出しつつ、必要な栄養素は吸収出来るからです。

目的別の青汁の摂取方法④ダイエット中に飲む

ダイエット中の方には食事前の摂取がおすすめです。
青汁に含まれる水溶性食物繊維が胃で水分に溶けでゲル状になり、血糖値の上昇を緩やかにし、その後に摂取する食事による血糖値の急な上昇を抑え、空腹感を感じにくくしてくれます。
血糖値の急な上昇や下降が空腹感を生むからです。
また不溶性食物繊維はほとんど消化されずに胃腸を刺激し、腸内で膨張して満腹感を感じやすくしてくれます。
そのため、食べ過ぎを抑える効果があるのです。

このように青汁には目的別におすすめの摂取方法がありますので、ご自身の求める効果に合った摂取方法で青汁を飲んでみてください。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品